今月のおすすめ記事

トップ > タウンニュース > 今月のおすすめ記事 > 【6月16日は和菓子の日】栗菓子の里中津川で、夏らしい和菓子はいかが?

【6月16日は和菓子の日】栗菓子の里中津川で、夏らしい和菓子はいかが?

【6月16日は和菓子の日】栗菓子の里中津川で、夏らしい和菓子はいかが?

6月16日は和菓子の日です。

 

梅雨とは思えないさわやかな日が続く中津川ですが、

さわやかなお菓子を買いに、中津川へ来てみませんか?

 

ひんやり冷やしておいしい夏栗きんとんがおすすめです。

 

にぎわい特産館


〈今日は和菓子の日〉

○○の日 というと、結構ゴロ合わせが多いのですが、

和菓子の日は、歴史がある記念日です。

 

今から1100年以上前の祥和15年(848)、仁明(にんみょう)天皇が

「6月16日に"16"にちなんだお菓子を神前に供えるように」というお告げを聞いたことが、「和菓子の日」のそもそもの始まりといわれています。

仁明天皇は、このお告げをきっかけに元号をめでたいという意味の「嘉祥(かしょう)」に改めました。

 

時代は下り鎌倉時代、時の天皇は6月16日に16枚の通貨と同じ価値のお菓子を神前に供えるようになりました。さらに室町時代には6月16日を「嘉祥の日」と呼び、天皇にお祝いの菓子を献上するようになり、豊臣秀吉は「嘉祥の祝」を行ったと記録に残っています。

江戸時代には将軍が大名や旗本を江戸城の大広間に呼び、菓子が配られました。その数なんと20,000個。

次第に嘉祥の習わしは、災難を逃れ健康を招く行事として、庶民にも広まっていきました。

その後一度はすたれた「嘉祥の日」ですが、昭和54年(1979年)、全国菓子協会が6月16日を「和菓子の日」に制定しました。

 

 

夏栗きんとん〉

中津川の夏の銘菓 夏栗きんとん。

栗きんとんをくずやわらびもちで包んだお菓子です。

常温でももちろんおいしいのですが、冷蔵庫でひんやり冷やさばさらにおいしさアップ。

 

 

[にぎわい特産館で販売しています]※税込価格

 

岩清水

(恵那福堂)

200円

水彩きんとん

(信玄堂)

200円

栗苞(くりづつみ)

(松月堂)

237円

森の実かくれんぼ

(しん)

195円

森の水鏡

(一休)

200円

深山のしずく

(七福)

210円

栗本

(柿の木)

194円

葛くりきんとん

(一茶堂)

230円

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年06月16日 更新 [今月のおすすめ記事]  投稿者:恵那山ねっと編集部



最近の記事

2017年06月21日 更新
【くらしの知恵創作展】ひらめき きらめき 大発明!ただいまアイデア募集中です。
2017年06月16日 更新
【6月16日は和菓子の日】栗菓子の里中津川で、夏らしい和菓子はいかが?
2017年06月15日 更新
【栗の郷®】木のぬくもりが伝わります。栗の木のスプーン。
2017年06月12日 更新
【地酒純米酒 地歌舞伎街道六座六蔵(じかぶきかいどうろくざろくぞう)】中津川・下呂の地酒と地歌舞伎のコラボ商品。にぎわい特産館にて販売中です。
2017年06月12日 更新
〜6月17・18日 中津川市駒場にて〜 高木建設 現場見学会開催!

関連記事

イベント情報(恵那山.cotocoto)

このページのTOPへ