トップ > タウンニュース > 【ご当地クイズ】だいすき!ふるさと中津川クイズ スイーツ 今月のおすすめ記事 > 【知る人ぞ知る中津川銘菓】 からすみ   親の願いがギュッと詰まった米粉のお菓子です。

【知る人ぞ知る中津川銘菓】 からすみ   親の願いがギュッと詰まった米粉のお菓子です。

【知る人ぞ知る中津川銘菓】 からすみ   親の願いがギュッと詰まった米粉のお菓子です。

春の中津川にはなくてはならないお菓子、「からすみ」。

もともとはおひな様の時にお供えする春のお菓子でしたが、今では郷土のお菓子として1年中楽しむことができます。

中津川駅前のにぎわい特産館では4月3日まで「ひな祭りフェア」を開催中。

からすみも販売しています。


3月3日は桃の節句 ひな祭りですが、中津川のひな祭りは4月3日です。

ひな祭りに欠かせないのが、おひなさまにお供えする雛菓子。

中津川では「からすみ」と呼ばれる米粉で作ったお菓子をお供えします。

 

もともとは家庭で作られていた米粉のお菓子で、

庶民の間でもひな祭りが一般的になってきた江戸時代末期から明治時代頃に作られ始めたといわれています

 

「からすみ」という名前の由来

ボラの卵巣から作る珍味「からすみ」は、

また二腹がくっついていることから夫婦円満、子宝の象徴でした。

そこで、娘の健やかな成長、子宝に恵まれ夫婦円満にという思いを込めて、珍味「からすみ」に似せて米粉で作ったといわれています。

 img_20150318103449.jpg

[富士山の形]

ボラの珍味「からすみ」は、山の形にも似ています。

娘の成長を願う気持ちから日本一の富士山の形にしたといわれています。

素朴なお菓子の中に、子どもの幸せを願う親の気持ちがギュッと詰まっているのです。

[季節の味]

いろいろな味があるのもからすみの魅力の一つです。白、黒、の定番のほか、ヨモギやクルミ、季節限定の味もあります。今の季節は桜もおすすめです。





最近の記事

2017年05月02日 更新
【清酒 地歌舞伎街道六座六蔵】中津川・下呂の地歌舞伎芝居小屋と地酒蔵元がコラボ。 春の中山道 六斎市祭にて試飲会開催。
2017年04月29日 更新
第27回 つけち森林(もり)の市
2017年04月28日 更新
【恵那山ねっとエリア GWと5月のお出かけ情報】
2017年04月28日 更新
【はざま酒造】おみやげに、帰省した仲間と...。限定品  恵那山純米吟醸山田錦 無濾過 
2017年04月28日 更新
【富士見台高原 恵那山山開き】山に春がやってきた。4月29日(土 祝)は山開き。

関連記事

イベント情報(恵那山.cotocoto)

このページのTOPへ