今月のおすすめ記事

トップ > タウンニュース > お知らせ スイーツ 今月のおすすめ記事 観光 > 【にぎわい特産館 和宮道中御菓子】秋の和宮道中御菓子 10月29日(木) 中津川市にぎわい特産館にて販売。

【にぎわい特産館 和宮道中御菓子】秋の和宮道中御菓子 10月29日(木) 中津川市にぎわい特産館にて販売。

【にぎわい特産館 和宮道中御菓子】秋の和宮道中御菓子 10月29日(木) 中津川市にぎわい特産館にて販売。

中津川駅前にあるにぎわい特産館では、

皇女和宮が降嫁の折にお召し上がりになられたお菓子

「和宮道中御菓子」を販売します。

お姫様が召し上がられたものを、中津川の菓子職人たちが忠実に再現したお菓子です。

 ただいまにぎわい特産館にて予約受付中です。

にぎわい特産館販売日

日時 2015年10月29日(木)

場所 にぎわい特産館(中津川駅前)

価格 1,150円(税込  限定100個販売)

 

 

 

にぎわい特産館で「和宮道中御菓子」が販売されるのは、

皇女和宮のお誕生日 5月10日と

皇女和宮が中津川に宿泊された 10月29日の2回のみ。

販売個数100個の限定品のため、毎年多くのお客様で朝からにぎわいます。

 

 


img_20151014192557.jpg

★皇女和宮と中津川宿★

 

今から150年ほど前の10月29日。

中山道中津川宿に壮麗な婚礼行列がやってきました。

皇女和宮。

時は江戸時代の末期。求心力を失う江戸幕府が国の安定を図るため、

公武合体という政策がとられました。

そして、若干15歳の皇女和宮は第14代将軍 徳川家茂のもとへ嫁ぐため、京より江戸へと旅立ちました。

和宮降嫁の行列は中山道を通り、11月26日に江戸に到着しました。

まだあどけなさすら残る皇女和宮。

もちろん望んで嫁ぐわけではなく、その小さな背中には日本の将来を背負った意を決したものでした。

住み慣れた京を離れ、江戸での新たな生活への不安は計り知れないものでした。

そのお気持ちを慰めたのがお菓子だったと言われています。

 img_20151014192457.jpg

 

和宮の降嫁の旅程は長く、旅慣れないお姫様のためには様々なものが用意されました。その一つがお菓子で、日持ちのする落雁を中心に32品目が準備されたそうです。その文献が今から11年前に発見され、中津川菓子組合では1年かかりで24品目を再現されたそうです。

お菓子の大きさや味は現代風にアレンジされています。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2015年10月27日 更新 [お知らせ] [スイーツ] [今月のおすすめ記事] [観光]  投稿者:こばち



最近の記事

2018年09月07日 更新
中津川ミドルエイジバンドフェスティバル 参加バンド募集!
2018年09月05日 更新
肉のくまざき 9月のセール!!!
2018年08月31日 更新
【五平餅 おふくろ】みのりの秋に、五平餅のたれはいかがでしょう?
2018年08月30日 更新
★第116回夕涼み風鈴六斎市★
2018年08月29日 更新
【椛の湖そばの花まつり】この景色 期間限定。9月16日から24日まで開催。

関連記事

イベント情報(恵那山.cotocoto)

このページのTOPへ