トップ > 恵那山ねっとアウトドア情報 > 草花 草花メッセージ > その名も「ジシバリ(地縛り)」

恵那山ねっとアウトドア情報

その名も「ジシバリ(地縛り)」

その名も「ジシバリ(地縛り)」

タンポポの様に見えるがタンポポと比べると花びらが少なく、葉の形も全く異なる花が四ツ目川の石垣の下に沢山咲いている。

ジシバリと呼ばれ、柔らかい茎(走出枝)を伸ばし、枝分かれしながら縦横に地を這っていく。 茎が地面を這うようにして延び、所々で根を下ろし、その様子が地面を縛リつけているように見えるので、ジシバリ(地縛り)の名がある。(Wikiより)



その名も「ジシバリ(地縛り)」 その名も「ジシバリ(地縛り)」 その名も「ジシバリ(地縛り)」
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2014年05月19日 更新 [草花] [草花メッセージ]  投稿者:チーフ


08月01日 更新
不思議色に輝く水面、付知峡攻め橋。
07月07日 更新
梅雨の水玉模様
07月05日 更新
クマイチゴのアラカルト
06月23日 更新
ヘビイチゴのアラカルト
06月18日 更新
秘密兵器?鳥除け、偽カラス?
06月17日 更新
巨大な朴の花の後には異様な実が付いていた。
06月16日 更新
アザミとヒョウモン蝶

もっと見る


イベント情報(恵那山.cotocoto)

このページのTOPへ