トップ > 恵那山ねっとアウトドア情報 > その他 > 本谷橋の赤い実と赤い葉

恵那山ねっとアウトドア情報

本谷橋の赤い実と赤い葉

本谷橋の赤い実と赤い葉

付知峡本谷橋の上空、赤い実はイイギリ、今は緑色の葉が残っているが葉が散って正月過ぎても真っ赤な実は木にぶら下がっている。名の由来は昔、この大きな葉で飯を包んだ事から飯桐(いいきり)とついたと言う。こんなに派手な赤い実なのに年明けまで鳥が着かないと言うのは訳ありですな、後、赤い葉はモミジの仲間です。



本谷橋の赤い実と赤い葉 本谷橋の赤い実と赤い葉 本谷橋の赤い実と赤い葉
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2013年11月06日 更新 [その他]  投稿者:チーフ


08月01日 更新
不思議色に輝く水面、付知峡攻め橋。
07月07日 更新
梅雨の水玉模様
07月05日 更新
クマイチゴのアラカルト
06月23日 更新
ヘビイチゴのアラカルト
06月18日 更新
秘密兵器?鳥除け、偽カラス?
06月17日 更新
巨大な朴の花の後には異様な実が付いていた。
06月16日 更新
アザミとヒョウモン蝶

もっと見る


イベント情報(恵那山.cotocoto)

このページのTOPへ