トップ > 恵那山ねっとアウトドア情報 > その他 草花 草花メッセージ > 誰が名付けた「ドクダミ」

恵那山ねっとアウトドア情報

誰が名付けた「ドクダミ」

誰が名付けた「ドクダミ」

名前と違って、清楚で可憐な白い花が咲くドクダミ、道端のどこでも見かる。ドクダミの生命力と繁殖 力は、他の薬草よりはるかに強く、いくらむしり取っても、根茎が残っていると、翌年は、地面いっぱいになるくらい繁殖します。野原、空地、路地などどこで も見ることができます。6月頃、白い花が咲き葉は、さつまいもの葉に似ています。
名の由来、独特の臭いがあり、何か毒でも入ってるのではないか?ということからドクダメ(毒溜め)がドクダミへと変化してこの名がついたと言われている。古来より、民間薬として利用されてきました。 漢方名を「十薬」という。(Wikiより)



誰が名付けた「ドクダミ」 誰が名付けた「ドクダミ」 誰が名付けた「ドクダミ」
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2013年06月10日 更新 [その他] [草花] [草花メッセージ]  投稿者:チーフ


08月01日 更新
不思議色に輝く水面、付知峡攻め橋。
07月07日 更新
梅雨の水玉模様
07月05日 更新
クマイチゴのアラカルト
06月23日 更新
ヘビイチゴのアラカルト
06月18日 更新
秘密兵器?鳥除け、偽カラス?
06月17日 更新
巨大な朴の花の後には異様な実が付いていた。
06月16日 更新
アザミとヒョウモン蝶

もっと見る


イベント情報(恵那山.cotocoto)

このページのTOPへ