トップ > 恵那山ねっとアウトドア情報 > その他 草花 草花メッセージ > 野生化したオダマキ

恵那山ねっとアウトドア情報

野生化したオダマキ

野生化したオダマキ

オダマキ(苧環)は元来は機織りの際に麻糸をまいたもののことで、花の形からの連想である。 日本、アジア、ヨーロッパに約70種くらい自生し、日本のものは山野草として愛好される一方、外国産のものには品種改良が行われ、園芸植物として広く市場に出回っているものがある。日本にはヤマオダマキ、ミヤマオダマキの2種が山地から高山にかけて分布する。(Wikiより)



野生化したオダマキ 野生化したオダマキ 野生化したオダマキ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2013年05月27日 更新 [その他] [草花] [草花メッセージ]  投稿者:チーフ


08月01日 更新
不思議色に輝く水面、付知峡攻め橋。
07月07日 更新
梅雨の水玉模様
07月05日 更新
クマイチゴのアラカルト
06月23日 更新
ヘビイチゴのアラカルト
06月18日 更新
秘密兵器?鳥除け、偽カラス?
06月17日 更新
巨大な朴の花の後には異様な実が付いていた。
06月16日 更新
アザミとヒョウモン蝶

もっと見る


イベント情報(恵那山.cotocoto)

このページのTOPへ