トップ > チーフのブログ > お知らせ 文化 歴史 自然 草花 観光 > その名はヘクソかずら、

チーフのブログ

その名はヘクソかずら、

その名はヘクソかずら、

その名はヘクソかずら、名の由来は、葉などをつぶすと、強い悪臭を放つことから「屁糞かずら」とは何ともひどい名前である。
地方により、サオトメバナ(早乙女花)、サオトメカズラ(早乙女蔓)ともよばれ、かわいらしい花を咲かせる様子や、花を水に浮かべた姿が田植えをする娘(早乙女)のかぶる笠に似ていることにちなみ名付けられたものである。またヤイトバナ(やいと花・灸花)という別名があり、「やいと」とは灸のことを指し、花を伏せて置いた姿が灸に見えることや、花の中が赤い様子が灸を据えた跡に見えることに由来する。このほか、ウマクワズ(馬くわず、という別名もある。
#ヘクソカズラ
#屁糞葛
#サオトメバナ
#早乙女花
#早乙女カズラ
#ヤイトバナ
#灸花
#ウマクワズ
#中津川の野草
#nakatsugawa
#nakasendo
#enasan
#中津川の観光
#恵那山ねっと
#インスタ中津川
#enasannet



その名はヘクソかずら、 その名はヘクソかずら、 その名はヘクソかずら、
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2021年08月20日 更新 [お知らせ] [文化] [歴史] [自然] [草花] [観光]  投稿者:チーフ



最近の記事

08月20日 更新
その名はヘクソかずら、
08月19日 更新
何日ぶりかの青空と開けた風景
08月18日 更新
中山道落合から馬籠の街道沿いに咲くコバギボウシ
08月17日 更新
キンミズヒキは漢字で金水引、夏から秋にかけて黄色い花が総状に咲く。
08月16日 更新
霧の北恵那鉄橋

もっと見る


イベント情報(恵那山.cotocoto)

このページのTOPへ