トップ > チーフのブログ > お知らせ 文化 歴史 自然 草花 観光 > イタドリの名は、傷薬として若葉を揉んでつけると血が止まって痛みを和らげること「痛み取り」から

チーフのブログ

イタドリの名は、傷薬として若葉を揉んでつけると血が止まって痛みを和らげること「痛み取り」から

イタドリの名は、傷薬として若葉を揉んでつけると血が止まって痛みを和らげること「痛み取り」から

イタドリの名は、傷薬として若葉を揉んでつけると血が止まって痛みを和らげること「痛み取り」から名付けられたという。別名はスカンポ(酸模)イタンポ、ドングイ、スッポン、ゴンパチ、エッタン、ダンチ、タンジ、スイバ、サイタナなど、地方によっていろんな呼び名がある。漢字では虎杖とかく。春先の若芽は山菜。
#イタドリ
#スカンポ
#痛み取り
#傷薬
#食用
#山菜
#恵那山麓
#胞衣山
#青い山脈
#nakatsugawa
#nakasenndo
#中津川の観光
#恵那山ねっと
#インスタ中津川



イタドリの名は、傷薬として若葉を揉んでつけると血が止まって痛みを和らげること「痛み取り」から イタドリの名は、傷薬として若葉を揉んでつけると血が止まって痛みを和らげること「痛み取り」から イタドリの名は、傷薬として若葉を揉んでつけると血が止まって痛みを和らげること「痛み取り」から
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2021年05月11日 更新 [お知らせ] [文化] [歴史] [自然] [草花] [観光]  投稿者:チーフ



最近の記事

05月11日 更新
イタドリの名は、傷薬として若葉を揉んでつけると血が止まって痛みを和らげること「痛み取り」から
05月11日 更新
野生化したオダマキが今年も事務所の路地に咲いた。
05月10日 更新
オオバギボウシ の若芽は山菜の珍味「うるい」
05月10日 更新
フウロソウの群生。
05月10日 更新
サックスブルーが優しい、チョウジソウが咲き出した。

もっと見る


イベント情報(恵那山.cotocoto)

このページのTOPへ