トップ > チーフのブログ > お知らせ 文化 歴史 自然 草花 > 惚れ惚れするほど美しい。

チーフのブログ

惚れ惚れするほど美しい。

惚れ惚れするほど美しい。

これは、ランの花か?と思えるような「大泥棒」アレチノヌスビトハギ。

名の由来はとゆうと、諸説あるが実の形がドロボウの足跡に似ている?とか・・・

実はヌスビトハギはじめ、イノコヅチ、キンミズヒキなどのひっつき虫はみんな別名「泥棒草」と呼ばれ

泥棒がヌスビトで花がハギに似ている事から「ヌスビトハギ(盗人萩)」となった。

#中山道中津川 #enasan.net #栗きんとん



惚れ惚れするほど美しい。 惚れ惚れするほど美しい。 惚れ惚れするほど美しい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年09月12日 更新 [お知らせ] [文化] [歴史] [自然] [草花]  投稿者:チーフ



最近の記事

09月08日 更新
甘い香りのクズの花。
09月07日 更新
匂いギボウシ、「玉の簪花」が真夜中に咲いた。
09月06日 更新
黄昏の苗木城跡。
09月05日 更新
黄昏の北恵那鉄橋。
09月04日 更新
今年もたくさんのオオヤマレンゲの実が熟しました。

もっと見る


イベント情報(恵那山.cotocoto)

このページのTOPへ