トップ > チーフのブログ > お知らせ 文化 歴史 自然 草花 観光 > 富士見台高原のサワオトギリ

チーフのブログ

富士見台高原のサワオトギリ

富士見台高原のサワオトギリ

悲しい伝説のあるオトギリソウの仲間です。富士見台高原ではこの黄色の可愛らしいオトギリソウの仲間が咲き乱れています。

毒性はあるようですが治療薬にもなるようです。葉から出る赤い色素は紫外線にあたると毒性が現われるという変った性質を持っています。その昔、鷹の傷の治療に使っていた秘密の薬草を、人のいい弟が他人に洩らしてしまったため兄が怒り弟を切り殺し、恋人は後を追ったとの伝説が名の由来。止血・鎮痛効果の優れた薬草でもあります。(Wikiより)



富士見台高原のサワオトギリ 富士見台高原のサワオトギリ 富士見台高原のサワオトギリ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2016年09月23日 更新 [お知らせ] [文化] [歴史] [自然] [草花] [観光]  投稿者:チーフ



最近の記事

09月08日 更新
甘い香りのクズの花。
09月07日 更新
匂いギボウシ、「玉の簪花」が真夜中に咲いた。
09月06日 更新
黄昏の苗木城跡。
09月05日 更新
黄昏の北恵那鉄橋。
09月04日 更新
今年もたくさんのオオヤマレンゲの実が熟しました。

もっと見る


イベント情報(恵那山.cotocoto)

このページのTOPへ