トップ > チーフのブログ > お知らせ 歴史 自然 草花 観光 > ひのきの蘖(ひこばえ)、百年単位の森の営み

チーフのブログ

ひのきの蘖(ひこばえ)、百年単位の森の営み

ひのきの蘖(ひこばえ)、百年単位の森の営み

ひのきの蘖(ひこばえ)、「ひこばえ(孫生え)」ともいう。樹木の切り株や根元から生えてくる若芽のこと。春から夏にかけて多く見られ、俳句では春の季語。



ひのきの蘖(ひこばえ)、百年単位の森の営み ひのきの蘖(ひこばえ)、百年単位の森の営み ひのきの蘖(ひこばえ)、百年単位の森の営み
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2014年06月19日 更新 [お知らせ] [歴史] [自然] [草花] [観光]  投稿者:チーフ



最近の記事

09月08日 更新
甘い香りのクズの花。
09月07日 更新
匂いギボウシ、「玉の簪花」が真夜中に咲いた。
09月06日 更新
黄昏の苗木城跡。
09月05日 更新
黄昏の北恵那鉄橋。
09月04日 更新
今年もたくさんのオオヤマレンゲの実が熟しました。

もっと見る


イベント情報(恵那山.cotocoto)

このページのTOPへ