トップ > チーフのブログ > お知らせ 文化 歴史 自然 草花 観光 > 富士見台高原 国有林の伐採

チーフのブログ

富士見台高原 国有林の伐採

富士見台高原 国有林の伐採

けやき平の大駐車場をすぎると普段薄暗い林道が突然パ〜ッと明るくなる、冬は材木の伐採の時期だそうで、富士見台林道の数箇所でこのような光景が見られ、3年間で1万本くらい切り出すとの事らしい。大雪が降る前にと着々と仕事が進められています。林業は100年仕事と聞いた事がありますが、この桧や杉はどれだけ昔のどんな人たちが植えたのだろう?と想像してしまいます。



富士見台高原 国有林の伐採 富士見台高原 国有林の伐採 富士見台高原 国有林の伐採
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2013年12月10日 更新 [お知らせ] [文化] [歴史] [自然] [草花] [観光]  投稿者:チーフ



最近の記事

09月08日 更新
甘い香りのクズの花。
09月07日 更新
匂いギボウシ、「玉の簪花」が真夜中に咲いた。
09月06日 更新
黄昏の苗木城跡。
09月05日 更新
黄昏の北恵那鉄橋。
09月04日 更新
今年もたくさんのオオヤマレンゲの実が熟しました。

もっと見る


イベント情報(恵那山.cotocoto)

このページのTOPへ