トップ > チーフのブログ > お知らせ 文化 自然 草花 観光 > 草花メッセージ 晩秋の高原を彩る「オヤマリンドウ」

チーフのブログ

草花メッセージ 晩秋の高原を彩る「オヤマリンドウ」

草花メッセージ  晩秋の高原を彩る「オヤマリンドウ」

山に咲くリンドウ、富士見台高原の熊笹の中や岩場に多く見られ、鮮やかな紫色の花は3~5cmで、先端がわずかに開くだけでいつの間にかひっそりと枯れてしまいます。

名の由来、「リンドウ」は根や根茎を咬むと非常に苦く、中国で熊の胆(クマノイ)よりさらに苦いというので竜の胆嚢という意味の「竜胆」の名が付けられ、日本ではその竜胆を「リュウタン」と音読みをしていたが、それがいつの間にか転訛して「リンドウ」と呼ばれるようになったのだと言われている。

 



草花メッセージ  晩秋の高原を彩る「オヤマリンドウ」 草花メッセージ  晩秋の高原を彩る「オヤマリンドウ」 草花メッセージ  晩秋の高原を彩る「オヤマリンドウ」
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2013年11月18日 更新 [お知らせ] [文化] [自然] [草花] [観光]  投稿者:チーフ



最近の記事

09月08日 更新
甘い香りのクズの花。
09月07日 更新
匂いギボウシ、「玉の簪花」が真夜中に咲いた。
09月06日 更新
黄昏の苗木城跡。
09月05日 更新
黄昏の北恵那鉄橋。
09月04日 更新
今年もたくさんのオオヤマレンゲの実が熟しました。

もっと見る


イベント情報(恵那山.cotocoto)

このページのTOPへ