トップ > チーフのブログ > お知らせ > 春を探そう、野に出よう- 5

チーフのブログ

春を探そう、野に出よう- 5

春を探そう、野に出よう- 5

其の名は「アブラチャン(油瀝青) 」 黄色い花が薄暗い林の中に輝いていました。
クスノキ科クロモジ属の落葉低木。早春、3~4月に淡黄色の花をつける。花は葉に先立って咲き、春まだ葉がほとんど芽吹いていない森の中では、ひそかにその黄色の花が目立つ木の一つ。種小名も「早熟な」という意味である。
アブラチャンの「アブラ」は「油」、「チャン」は「瀝青」のことを指す。つまり「油瀝青」ということで、木全体に油が多いことが名前の由来。(Wikiより)https://www.facebook.com/noriyasu.takekawa



春を探そう、野に出よう- 5 春を探そう、野に出よう- 5 春を探そう、野に出よう- 5
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2013年03月30日 更新 [お知らせ]  投稿者:チーフ



最近の記事

03月19日 更新
春を探しに野に出よう、つくしんぼ
03月18日 更新
田越こし始まる、恵那山麓。
03月11日 更新
雪舞う廃線「北恵那鉄橋」
03月06日 更新
中山道中津川宿からの恵那山
02月26日 更新
お寺のないはずの苗木にお寺があった。

もっと見る


イベント情報(恵那山.cotocoto)

このページのTOPへ